フォームを覚える

ジャンプシュートの正しいフォーム

ジャンプシュートの正しいフォーム

 

バスケットボールでは、かなりの頻度で使用されるジャンプシュート。

 

ジャンプシュートが上達すれば、安定して得点につなげることができます。

 

そのためには、正しいフォームで行うことが必要不可欠です。

 

身体のサイズや能力には個人差があるため、完璧なものではなく、ポイントを抑えて、自分で一番いい状態を作ってください。

 

疲れず、無理がなく、一番良いパフォーマンスを発揮できるフォームを身につけましょう。

 

まず、ゴールに向かって立ち、真上に指先が向くように肘を曲げて、肘と手のひらがゴール方向に向いているのを確認します。

 

その後、手の平が顔とゴールを結ぶ線に上にくるようにしてから、そのまま上に持っていきます。

 

そこから、手首を曲げて手の平が真上になるようにしていきます。

 

そうすることで、距離の伸びるフォームになります。

 

ここへボールをのせ、指先だけが触れるようにします。

 

ボールを右手で持っていたら、左手は添えます。

 

そうすることで、コントロールが利きやすくなります。

疲れてくると肘の位置が低くなってしまうので、意識して行っていきます。

 

肘の位置が高いことで、相手のディフェンスからブロックされにくいですので、注意して高くしておくと良いでしょう。

 

足は肩幅に開き、膝を曲げます。

この時、足が開き過ぎているとジャンプもしにくく、力が連動しません。

 

また、膝の向きもスクワットをするように、膝とつま先の位置が同じになるようにすること、内股などにならないように注意してください。

 

鏡などでよく観察し、正しいフォームを習得しましょう。

 

ビデオなどで撮影して、後で観察するのも良い案ですね。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法