フックシュート

フックシュートとは

フックシュートとは

 

フックシュートとは、ディフェンスにゴール前で密着されていても、それを避けて横向きの姿勢からゴールが可能なシュートです。

 

ゴールに対して、身体を横にして、ジャンプをしながらボールを持った方の腕から弧を描くように高い位置からシュートを打ちます。

 

身体を横にすることで、半身でディフェンスからボールをガードでき、相手にカットされにくいですが、横向きでシュートを打つので、コントロールが難しいです。

 

また、ボールを大きく円を描きながらシュートをしますので、ゴールまでの距離感などを習得するのも練習時間を要します。

 

練習の際には、ボールを持つ腕をしっかり伸ばし、オーバースローの動作を直線的になるように投げるとシュート決定率があがります。

 

そして、指先はボールを離すまでゴールに向けた状態にして、手首のスナップを利かせながら、ボールに逆回転をかけるようにしていきましょう。

 

フックシュートはボールを見ながらシュートを打ちませんので、指先の感覚を研ぎ澄ませて行うことが大切です。

 

なおかつ、片手でボールを扱いますので、しっかり掴めていないと正確にシュートを決められなくなりますので、ボールを確実に持てるようにしましょう。

 

基礎トレーニングで、体幹を鍛えることも正確にシュートを打つことに近づく秘訣になります。

 

片手でボールを持ち、半身になってジャンプした状態でシュートすることは、非常に体幹が安定していなければ、正確なシュートは難しいからです。

 

上半身がブレてしまったら、シュートの決定率は愚か、シュートに行きつくことができなくなってしまいます。

 

同時に、足腰も鍛えることで、より身体のブレを無くすことができ、確実なコントロールが可能になります。

 

大切なのは練習ですが、できるイメージと共に正しいフォームと、基礎トレーニングで、フックシュートを自分のものにしていきましょう。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法