フォームの改善

シュートフォームを改善してシュート率をあげよう

シュートフォームを改善してシュート率をあげよう

 

シュート率が低い方、普段あまりシュートを意識して打っていない方は、ぜひフォームを見直してみてください。

 

基本がしっかりしていれば、必ず上達します。

 

これは、どんな事にも共通ですよね。

 

ビデオでご自分のフォームを撮影したり、写真を撮ってもらったり、鏡を活用したりして、まずは自分のフォームがどうなっているかをチェックします。

 

自分だけですと、分かりにくいこともありますので、できればバスケットボールの上手な第三者に見てもらうと良いでしょう。

 

また、上手な方の動画や写真を比較しても自分の改善点が見つかりやすいですのでお勧めです。

 

チェックポイントをいくつかあげます。

 

まず、膝を曲げすぎないことです。

 

膝を曲げすぎると、上肢のバランスがとりにくくなり、疲労もしやすくなってしまいます。

 

腰が両膝よりも低くなったら曲げすぎですので、注意してください。

 

そして、シュートを打つ前は上肢を安定させてください。

 

身体が捻られている状態や、前後左右に傾いているとコントロールが乱れてしまうためです。

 

それだけでなく、力任せにシュートをしてしまうことを防ぐためです。

 

他には、ボールの持ち方は正しいでしょうか。

 

両手で持ってしまうと精度が下がりますので、片手で持ちます。

 

ボールを持った時の親指と人差し指がYの字になるようにします。

 

この時に、手の平全体がボールにつかないように注意してください。

 

ボールを持たない方の手は、ボールを支えるために添えるだけです。

 

その時の立ち位置ですが、身体の軸(膝、肘、肩、腰のライン)はまっすぐに揃っていますか。

 

軸がぶれていると、シュートのコントロールが悪くなりますので、意識しましょう。

 

足も肩幅に開きます。

 

広すぎても、狭すぎても安定しません。

 

最後に投げ方ですが、肘が下がりすぎないよう、大きな弧を描くように投げられると決定率があがります。

 

練習時の意識が一番大切ですので、ただ身体を動かすのではなく、改善した自分をイメージしてシュートしていきましょう。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法