フォロースルーの重要性

フォロースルーとは

フォロースルーとは

 

フォロースルーとは、打ったシュートを打った後の姿勢の事であり、「正しいフォームの結果」になります。

 

シュートが上手な方ほど、しっかりとしたフォロースルーが自然に残っています。

 

ですので、シュートが上手になりたい方は、このフォロースルーを意識して行っていきましょう。

 

練習中は、常に正しいフォロースルーの形を意識して行っていきましょう。

 

まず、正しいフォロースルーの形は、シュート時に手首のスナップを利かせて投げるので、シュート後に指先がリングを向いています。

 

手首や肘に余計な力が加わっていると、スナップの方向が曲がってしまうので、曲がらないように注意して行っていきましょう。

 

また、フォロースルーの形が低い状態の場合は、ボールの軌道も低くなっており、シュートが決まらない要因となります。

 

その場合は、フォロースローの位置を確認するだけでなく、シュートの際のフォームも正しいかどうかを再確認し、練習をしていきます。

 

そして、シュートを放った後にすぐ腕を引っ込めてしまうとボールに最後まで力が伝わりにくくなり、コントロール不正確になってしまいます。

 

その時こそ、シュートを放った腕をしっかりと伸ばし、フォロースルーを残すことで、シュートの決定率があがります。

 

その際に、手首をしっかり返して、腕をスワンのような形にすることが理想的と言われています。

 

そのためには手首が柔らかくないとできませんので、手首の柔軟性はとても重要です。

 

正しいフォームで投げると綺麗なフォールスローになり、シュートが決まります。

 

このイメージを常に描いて行っていきましょう。

 

シュートが決まりにくい方、もう一度フォロースルーを見直し、正しい姿勢でシュートを決めるようにしていきましょう。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法