レイアップシュート

レイアップシュートとは

レイアップシュートとは

 

バスケットボールには、いくつもシュートの種類がありますが、レイアップシュートはその中でも、最も基本的なシュートです。

 

レイアップシュートとは、ボールを下から持ち上げてシュートを打つ方法です。

 

ドリブルシュートによく似ていますし、ドリブルしながらレイアップシュートを打つという方法がよく使われます。

 

レイアップシュートの中にもいくつか種類があり、一般的に私達が知っているレイアップシュートは、「アンダーハンドレイアップ」と呼ばれます。

 

やり方ですが、まず両足でステップを踏みます。

 

この時、右利きであれば右足、左足の順にステップを踏みます。

 

そして、床を強く踏み切って横ではなく真上に身体を高くあげます。

 

右足の時点で身体を少し後傾させ、左足は身体より前に投げ出すような感じでジャンプすると、大腿四頭筋が使いやすくなり、よりジャンプしやすくなります。

 

足裏は踵からつま先までしっかり使い、踏み切りの際には右足の膝をしっかり意識して振り上げると良いです。

 

その勢いをボールに活かし、ボールをバックボードに預けてシュートを放ちます。

 

 

しかし、初心者や子供には実際に行うには難しいシュート方法になりますので、初めての方は、まずは「オーバーハンドレイアップ」で練習していくと良いでしょう。

 

オーバーハンドレイアップは、通常のジャンプシュートと同じボールの持ち方で、ステップを踏んでシュートを決める方法です。

 

アンダーと持ち方が違い、シュート時に置いてくる感覚よりも通常のシュートなので、まずはこちらで練習して、ジャンプやステップを伴って跳ぶこと、腕を伸ばすタイミングなどを習得することをお勧めします。

 

ジャンプ後のシュートの感覚をマスターすれば、レイアップシュートの決定率も高くなりますので、確実に上達していきます。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法