バックシュート

バックシュートとは

バックシュートとは

 

バックシュートとは、

  • レイバックシュート
  • リーチバックシュート

の2種類あります。

 

レイバックシュートは、バックハンドシュート、リバースレイアップシュート、バックレイアップシュートなどの名称のシュートです。

 

リングの下を通過して、レイアップシュートを後ろ向きに放つやり方のシュート方法です。

 

ゴール下を一度通過してのシュートになりますので、相手ディフェンスの惑わすことができますし、タイミングを外しやすくなり、置き去りにすることができます。

 

やり方は、通常のレイアップシュートとゴールへのアプローチは変わりません。

 

膝を高く上げながらジャンプし、ゴールをくぐりながら手首を下から手前に返すようにシュートします。

 

ただ、レイアップシュートとは逆方向からリングを狙いますので、レイアップシュートをマスターしてから段階的にできるようにしていくと良いですね。

 

 

応用編として、利き手ではない方でバックシュートを行う場合は、利き手でシュートを打つと見せかけて、利き手ではない方に持ち替えてシュートします。

 

 

手首の動きも逆になり、難しくなりますので、よく練習をする必要があります。

 

レイバックシュートのポイントは、ボールに上手く回転をかけることと最後までリングから目を離さないことです。

 

どうしてもリングに背を向ける形となるので、ボールを最後まで追いかけにくいです。

 

しかし、ボールの回転とリングをできる限り最後まで見続けることが、重要であり、上達する秘訣でもあります。

また、リーチバックシュートとは、レイバックシュートの時に、エンドラインに近い側とは逆の手で打つシュートのことです。

 

レイアップシュートと見せかけた、相手との駆け引きに有効です。

 

組み合わせて打てるように練習をしていくと試合にも活用できます。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法