パスを出す方法

パスの練習方法

パスの練習方法

 

バスケでパスは当たり前にできるもののように思われますが、正確なパスが正確なシュートにつながり、チームを勝利へ導きます。

 

ドリブルでシュートを打つ場合ももちろんありますが、パスの方が速くボールを動かせ、チャンスを多く作れるだけでなく、チームプレイに非常に重要です。

 

まず、正確にパスができるためには、手だけで行なわず、ボールに身体全体で力を与えられるようにしていきます。

 

後ろ足で床を押しながら体重を乗せるように前足を一歩出します。

 

前足はパスする相手の方向に正確に踏み出すようにしましょう。

 

方向がブレてしまうと手の力のみでパスしやすくなってしまいます。

 

この時に身体が前傾姿勢になっていないかを確認しましょう。

 

前傾姿勢ですと、視野も狭くなりますし、コントロールにも乱れが起きますし、身体の力も発揮されにくくなってしまいます。

 

そして、手首のスナップを利かせます。

 

出したい方向へ最後に投げきった人差し指を相手に向けます。

 

パスのスピンは縦回転が良いですが、し過ぎると相手が取りにくいので、気を付けてください。

 

何より大切なのは、相手と意図を共有することです。

 

相手が次にどのような動きをしたいのかを考えて、それに沿ったパスをすることが望ましいです。

 

そのためには、先を読めるようになる練習もとても重要になってきます。

 

経験でできるようになってきますが、普段から何も考えずにパスをしていては上達しません。

 

常に回りの状況を考えて敵にも読まれず、なおかつパスする相手の行動を読んで、一番取りやすいパスを心がけましょう。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法