パスのスピードをつける

パスをスピードアップさせる方法

パスをスピードアップさせる方法

 

バスケのパスは、試合を運ぶ中でも、得点を入れる中でもとても重要なものです。

 

しかし、パスのスピードが遅いと、相手に取られてしまいやすくなりますので、できるだけスピードが求められます。

 

パスのスピードが出なくて悩んでいる方は、再度やり方を見直してみると良いかもしれません。

 

まず、パスは投げるものではなく、肘を張り、胸にボールをつけるくらいでミートします。

 

そして、シュートと同じように人差し指を最後に引っかけて回転をつけるように出します。

 

強い逆回転をかけるようにすると、真っ直ぐにも出せるようになり、自然とスピードもついてきます。

 

 

回転のないパスはキャッチミスにつながりますが、回転が強すぎても取りにくくなってしまいますので、適度に回転をかけましょう。

 

手首の力をつけることもスピード・強いパスを出せるようになるポイントですので、トレーニングも一緒に行うことが理想的です。


 

練習にメディシンボール(重いボール)を使用し、それを近い位置からシュートやパスをする際に使用することで、自然と手首や上腕、指の筋力までが付き、スピードアップになったという話もあります。

 

また、早くしよう、強くしよう、無理に手首を返そうなどと意識をし過ぎると、筋肉が緊張してしまい、動きも硬くなり、良いパスが出来ません。

 

ですので、手首など使う筋肉はリラックスさせた状態といいますが、そのような気持ちで勝手に飛んでいくくらいの柔らかい心で行います。

 

最後に、チェストパスが苦手な方は特にですが、肘を上に持ち上げて肘を開くのではなく、肩甲骨を斜め上に引き上げて肘を開くようにしてください。

 

そうすると、手の平が前に向き、自然と手首が伸びるので、その反動でボールを弾き出す要領で行います。

 

手首を返す意識ではなく、自然にボールを自分の方向に向かって回すような動作になり、軽く弾かれて、楽にボールが飛んでいきます。

 

以上のことを踏まえ、練習を続け、チームに貢献するパスの上手な選手を目指しましょう。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法