ボールを奪われないドリブル

敵にボールを取られないパスの方法

敵にボールを取られないパスの方法

 

パスは試合で最も得点につながる大切な動きです。

 

パスが良ければ、相手にしっかりボールが渡り、ゴールの確率も上がり、得点が得られることで、勝利につながります。

 

たかがパス、されどパスです。

 

パスで試合が決まると言っても過言ではありません。

 

しかし、どんなに良いパスでも敵に取られてしまっては、得点につなげることができません。

 

今回は、敵に取られないパスはどのようにしたら良いのかを考えてみたいと思います。

 

まず、敵から最も遠くにボールを保持します。

 

当たり前ですが、取られないように一番遠くにボールを持ちます。

 

そして、敵から一番遠くにパスします。

 

これは、パスをする相手とも練習を非常に要するものですが、近くにパスをすれば、カットされてしまいます。

 

ですので、敵がカットできない、かつ相手がボールを確実に受け取れる場所にパスを的確にする必要があります。

 

最後に、ボールの高さを考えてパスします。

 

高すぎても、パスする相手が取れませんし、低すぎても、敵にカットされてしまいます。

 

これも、非常に練習を要しますが、敵からは取られにくく、相手が取りやすい高さでパスをすることが理想です。

 

ただパスを出してしまうのではなく、以上のように常にパスする相手の動き、敵の動きを把握し、一番取られにくく、相手が取れやすいパスを練習の中で習得していってください。

 

パスが試合を制します。

 

簡単な動きだからこそおごそかにせず、練習を積み重ねていきましょう。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法