チェストパス

チェストパスについて

チェストパスについて

 

バスケットボールでは、パスは基本であり、色々な種類がありますが、チェストパスは基本中の基本です。

 

ゲーム中のあらゆる場面でも多様に使われるパスです。

 

ボールを胸元から前方に押し出すように相手にパスをするやり方です。

 

この時に、指を大きく広げてボールを持ちますが、具体的には指の腹でボールを三角形になるように持ち、手の平はボールにつけないようにします。

 

そして、肘を曲げてボールを胸に引き寄せるようにしていきますが、肘は脇が開かないようい閉めた状態で行います。

 

パスをする際には、手の力だけでなく、身体全体の力をボールに込めて、パスしたい方向に足を一歩踏み出して、押し出していきます。

 

 

とても簡単そうですが、奥が深いパスですので、しっかり練習を続けていく必要があります。


 

上手になっていく方法として、ポイントをいくつかあげていきます。

 

まず、パスをする際に手首のスナップを利かせることです。

 

そうすることで、スピードが増すだけでなく、力強さも出てきますので、より敵にも取られにくいパスにもなります。

 

中指と人差し指を使ってボールに回転をかけます。

 

その際に、手首を返し過ぎて、親指が外側を向かないように、中指と人差し指は前を向き、親指は下を向くように注意してください。

 

この時の体勢は、完全に出している前足に重心が移動している状態です。

 

次に、スナップを使用してボールを最後に押し出す時に、腕を伸ばしきりましょう。

 

そうすることで、しっかりと力がボールに乗り、より力強い、スピードのあるボールになります。

 

以上のことを念頭に練習を重ねて頂き、チェストパスを習得することで、点を取り、点を取られない強い自分になっていきます。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法