ワンハンドプッシュパス

ワンハンドプッシュパスとは

ワンハンドプッシュパスとは

 

ワンハンドプッシュパスとは、チェストパスの一種ですが、身体の真ん中以外からパスを送り出す方法で、片手で投げるのが特徴です。

 

様々な場所からパスを送り出せることで、試合に有効に活用、応用のできるパスです。

 

試合の状況により、フェイント的なものや敵の行動を先読みして、パスを出しやすく、敵が取りにくく、相手が取りやすい場所に出しやすいので、得点にもつながりやすいです。

 

ワンハンドプッシュパスには、2種類の持ち方があり、試合中の状況で使い分ける技術が求められます。

 

ボールを押し出す手を縦回転にする持ち方と横回転にする持ち方です。

 

縦回転にする持ち方では、力も加えやすく、相手も取りやすいですが、横に移動できる距離が短いため、敵に取られる可能性があります。

 

一方横回転にする持ち方では、縦に比べると力が加えにくく、相手も取りにくくなってしまいますが、縦全体の長さ分、横にずらせますので、敵に取られる心配がありません。

 

試合のその時の状況に合わせてできるように、どちらの持ち方もできるように練習をしておくことをお勧めします。

 

 

どちらの持ち方もボールの真ん中を手の平で押し出すようにして行います。

 

 

完全に縦、横ではなく、少し角度をつけるなどの応用もできるようになるとより良いです。

 

また、片手でのパスになりますので、逆手でボールを守ることもできますね。

 

両手の時と違い、コントロールも難しくなってきますが、利き手ばかりではなく、逆手も練習し、状況に応じて対応できるようにしておきましょう。

 

 

そして、手の動きだけでなく、足の動き、身体全体を上手く使ってパスを行うことが大切です。

 

手だけでは、パワーもスピードも限界がありますので、連動させて行っていきましょう。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法