バウンドパス

バウンドパスとは

バウンドパスとは

 

バウンドパスとは、相手にパスをしたいのに、敵がいてパスがしにくいため、床にワンバンドさせてパスをする方法です。

 

試合ではかなり多く使用される頻度があるパスです。

 

何故なら、ご存じの通り、通常のパスよりも敵に取られにくく、特に得点につながる場面で使用されることが多いからです。

 

このパスをマスターすれば、得点を確実に取れる選手に近づきます。

 

マスターするためのポイントをいくつかご紹介します。

 

ワンバンドさせてから、相手に届きやすい位置にボールを持っていけるように計算してパスをします。

 

しかし、出したい場所を見ていては、敵に行動を読まれてしまいますので、目線を意識してずらし、敵に読まれないようにします。

 

ワンバンドさせたい床を見ず、目線を別の場所、もしくは全体に広げることで、敵を惑わせます。

 

狙いは、敵の足元になるようにしていきます。

 

また、ボールに回転をかけることで予測できない動きにボールがなりますので、一層敵が取りにくいボールに変化し、飛距離も調節することができます。

 

回転の種類は4種類あり、まず、バウンドした後にボールが速くなる順回転があります。

 

相手が遠い時に行います。

 

次に、バウンドした後にボールのスピードが遅くなる逆回転。

 

こちらは、相手との距離が近い時になどに使用します。

 

順回転よりもボールのスピードは遅くなりますが、相手が取りやすくなります。

 

次に、バウンドした後に右側にボールが跳ねていく右回転。

 

最後に、バウンドした後にボールが左側に跳ねていく左回転があります。

 

どの回転方法も試合の際の状況に応じて上手く使い分けると大変有効です。

 

基本はチェストパスと同じような姿勢ですが、応用として、足を大きく踏み出して、床に足がついたと同時にチェストパスと見せかけるフェイントをする方法もあります。

 

練習を積んで頂き、習得することでチームに貢献できるように頑張りましょう。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法