ドリブルの方法

正しいドリブル

正しいドリブル

 

バスケットボールを現在やっている方も、過去にやっていた方も皆さんドリブルの経験はあると思います。

 

試合中に、ドリブルをしていてカットされてしまったり、自分からミスをしてしまったりする経験もあるかと思います。

 

ドリブルは、正しくマスターできていれば、確実に試合運びに有利になりますが、間違えたドリブルは敵にチャンスを与えてしまいます。

 

ドリブルが上手になりたいと思っている方は、ぜひ正しい方法を身につけて頂き、チームを勝利に導いてください。

 

正しいドリブルには、いくつかの条件があります。

 

まず、誤解してはいけないのは、ドリブルは手で行うものではなく、身体全体を使用して行うものだということです。

 

そのためには、練習の中でも筋力トレーニングを取り入れて、足腰、体幹、バランス、重心移動など、トータルコーディネートで鍛えていくことが大切です。

 

そして、基本を忘れるべからずとして、基本姿勢を再度確認してみましょう。

 

まず、目線は必ず下を向かないことです。

 

試合中は状況が瞬時に変わりますので、最善の方法で常にプレーができるように動くためには、下を向いている訳にはいきません。

 

そのためには、ドリブルを見なくても自然にできるようにしていくことが最優先です。

 

ボールに気を取られていたら、すぐに敵にボールが渡ってしまうと思ってください。

 

次に強くドリブルをすることです。

 

上手で正確なドリブルは、速く、弾んでいる時よりも手で柔らかく制御している時間の方が長いくらいです。

 

そうすることで、ボールをコントロールしやすくなります。

 

コントロールを保つためにも腕全体を柔らかく使うことを意識していきます。

 

前腕や手の平だけでドリブルをせず、身体全体の重心移動に合わせて上手く腕を連動させていきましょう。

 

そして、上半身を曲げないことです。

 

頭や肩が落ちやすくボールに強い力を出しにくくなってしまいます。

 

つま先を少し開いて腰を落とします。

 

スクワットをするような姿勢で行うとジャンプ後の移動などもしやすいです。

 

 

 

以上のことに注意して、普段のドリブルの練習の時に意識して行ってください。

 

基本をマスターすれば、必ず上達していきますので、頑張りましょう。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法