ボールを奪われないドリブル

ドリブルで敵にボールを取られない方法

ドリブルで敵にボールを取られない方法

 

せっかくゴール付近までドリブルでボールを運んでいっても簡単に敵にボールを取られてしまうことがあります。

 

得点につながらないだけでなく、敵にチャンスを与えてしまい、敵の得点になってしまう可能性もあります。

 

そうならないためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

答えは取られないドリブルをすることです。

 

とてもシンプルです。

 

では、どうしたら取られないドリブルになるのかを説明していきましょう。

 

一番大切なのは、下を向かないことです。

 

よく運動指導でもお伝えしますが、下にお金は落ちていません。

 

ドリブルにとらわれてしまい、下を向いてしまうのは初心者で卒業です。

 

下を向いてしまうと、今の状況がわからなくなってしまい、瞬時に変化するプレーの動きを読むことができないだけでなく、敵の動きも見えません。

 

身に覚えのある方は、常に練習でも、試合を想定した状況でのドリブルをもっと取り入れるべきです。

 

どうしても敵にマークされた状態でのドリブルを練習しないと、自分のスキルのみの練習となってしまい、下を向きやすくなってしまいます。

 

ですので、どのような状況下でも敵の場所確認、瞬時の正確な判断のできる環境をつくり、日頃から下を向かないように習得する必要があります。

 

次に大切なのは、ドリブルのミスをなくすことです。

 

シュート前にミスをすることが、一番得点につながりません。

 

トラベリング、ダブルドリブルなど自分でミスをなくす意識を持って練習に取り組んでいきましょう。

 

ただ、何も考えずにドリブルをする時間をなくし、いつも考えて行う習慣を身につけることで、必ず結果がついてきます。

 

どんどんドリブルが上達する自分をイメージして、楽しく練習を行ってください。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法