ドリブルの優先順位

ドリブルかパスか

ドリブルかパスか

 

バスケットボールの試合中に、ドリブルにすべきかパスにすべきか悩むシーンがあるかと思います。

 

経験豊富で熟知している選手であれば、その場の判断ですぐ決定できるかもしれません。

 

まだ、経験の浅い方は練習と試合で経験を積んでいくしかないかもしれません。

 

その判断の参考にして頂きたいのが、ドリブルとパス、どちらを優先するかということです。

 

基本的には、パスを回しながらシュートを打っていく方法を取る団体戦の考え方が良いです。

 

ですので、パスを優先させていくようにしていきましょう。

 

試合中にパスを出せる相手がいたら、迷わずパスを回すようにしましょう。

 

自分がパスを受け取った時に、ドリブルで攻めることよりもパスを回せる相手がいないかを確認していくことに意識を置きます。

 

何故かといいますと、ドリブルですと敵に取られてしまう可能性が高いからです。

 

パスの方が明らかに敵に取られる可能性が減り、ゴールまでボールが届く確率も上がり、得点につながりやすいということになります。

 

また、ドリブルよりも早いですので、ゴールを入れる回数も増えますし、それだけ得点も増える可能性があります。

 

ただ、どうしても相手が全員マークされたおり、パスが全く出せない状況や敵とマンツーマンになった場合は、ドリブルを優先させるべきです。

 

そちらの判断は、やはり経験が重要です。

 

その時の状況により、最善の方法をすぐに決定できるように、日頃の練習から意識して行っていきましょう。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法