ドリブルに磨きをかける

ドリブル上達法

ドリブル上達法

 

バスケの試合中、ドリブルは得点の生命線になります。

 

ボールをゴールまで確実に届ける、もしくは相手に渡す責任をしっかり果たせるように日々練習が必要です。

 

ボールに遊ばれることなく、自在に操れるようにドリブルを上達させていきましょう。

 

ドリブルが上達するとパスミスが減ります。

 

パスが確実に相手に届く場所までドリブルできるようになるからです。

 

そして、シュートの決定率もあがります。

 

ボールコントロールの技術があがるのと同時に、シュートをするベストポジションンまでドリブルで移動できるようになるからです。

 

上達のポイントをいくつかあげていきます。

 

当然のことですが、ボールに慣れることです。

 

ボールに慣れ親しむ時間が長ければ、それだけボールという存在が当然で無理な意識をしなくなりますので、周りの環境を見る余裕が出てきます。

 

試合中にはボールを見ずに、周りを見て状況を判断する必要がありますので、とても重要なことです。

 

そして、強くドリブルをします。

 

力が強いとボールが手から離れている時間が短くなり、コントロールしやすく、敵にもカットされにくくなります。

 

この時にボールに触れている手は手の平全体ではなく、指先だけにするとよりコントロールしやすくなります。

 

少しレベルアップしてきますと、高い位置でのドリブルも要求されてきます。

 

シュートへすぐ移行できるようにするためです。

 

筋力も必要ですし、技術も難しくなりますが、これができるようになりますと、敵を惑わしやすくなりますので、試合運びにはより有効です。

 

勿論、低く速いドリブルも必要になってきますので、その場の状況に合わせてどちらのドリブルもできるようにしていきましょう。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法