ディフェンス時の体勢

ディフェンスの基本の体勢

ディフェンスの基本の体勢

 

バスケットボールでのディフェンスは、敵にゴールをされないように、ゴールを守る位置に立ちます。

 

そして、いかに敵に抜かれないで阻止するかが大変重要になります。

 

ディフェンスに必要なのは、どんな状況下でも瞬時に動ける瞬発動作です。

 

そのためには、できる限りリラックスした状態で予想外の動きでも対応できるようにしておきます。

 

リラックスした正しい姿勢とは、骨盤を前傾させておくことと股関節を外側に開いておくことです。

 

骨盤を前傾させておくことでハムストリングスを上手に活用していくことができます。

 

俊敏かつ多様な動作はこのハムストリングスの筋力も非常に関与してきますので、常に最大筋力を出しやすい環境にしておくと良いですね。

 

そして、股関節を外側に開くのは、骨盤を前傾させやすくするためと、股関節をよく動かすためです。

 

股関節は多方向に動かす大腿骨頭を動かすための関節です。

 

足の動きには当然ながら股関節の動きも連動していきますので、股関節を動かしやすい位置に姿勢をセットしておくことで、より早く動作を開始することができます。

 

この姿勢の状態で、立つ位置ですが、ゴールと敵の中間地点です。

 

姿勢を崩さないように、敵の前へ移動し、身体を左右に動かしていきます。

 

この時に、敵とボールが動く側の手をあげてパスやシュートに対処していきます。

 

反対側の腕は降ろしておき、カットインやバウンドパスを阻止していきます。

 

腰をしっかり落とし、敵から目線をそらさないようしていきましょう。

 

いつでもどのようにも動ける体勢です。

 

普段より試合を想定した練習で、基本姿勢を意識して習得していきましょう。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法