ディフェンスで抜かれない方法

抜かれないディフェンスとは

抜かれないディフェンスとは

 

ディフェンスは敵をいかに邪魔するかです。

 

そうして、自分達を守ります。

 

抜かれないディフェンスの目的は、敵にシュートを打たせない、または難しいシュートを打たせて得点を入れさせないことです。

 

シュートは敵からディフェンスが離れてしまうほど容易になってしまい、リングに近くなるほど簡単になってしまいます。

 

ですので、敵に距離を開けられず、リングにも近づけさせないことが抜かれないディフェンスの役割となってきます。

 

実際に行う場合、敵はシュートを打とうとドリブルをしながらリングに近づきます。

 

抜かれないディフェンスは近づかないように今のリングとの距離を縮めないように保ちながら、敵をリングに近づかせないようにディフェンスを行います。

 

要はリングからの距離を変えなければ、シュートは打ちにくいままとなるわけです。

 

そのまま敵がドリブルを続けていくと、コーナーに抑えた形となり、パスも限定され、シュートも打ちにくい角度となっていますので、ディフェンス成功です。

 

そこで敵がミスをしたところでボールを頂き、自分のリングへ向かいましょう。

 

抜かれないディフェンスの際には、ヘルプは必要ありません。

 

ヘルプの時は、コーナーに追い込まれるのを待ち、ミスパスが出た時に出番がありますので、しっかり見極めて動けるようにしましょう。

 

ディフェンスは予測が難しいです。

 

予測できても足がついてこないなんてこともあります。

 

そうならないためにも、

  • 常にどのような状況でも対処できるように考えて行動すること、
  • ボールを良く見ること、
  • そして行動できる体力と筋力を備えておくこと

も大切です。

 

スタンスも常に動きやすいように自分で一番動きやすい足幅なども習得しておくと良いですね。

 

敵の行動が読めて、困らせることができるようになると、とても楽しくなりますので、頑張りましょう。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法