ボールを保持していない相手へのディフェンス

マークマンへのディフェンス

マークマンへのディフェンス

 

マークマンとはボールを持っていない敵のことで、これからボールをパスされる場合に、それを阻止することをマークマンのディフェンスと言います。

 

ボールを持っている敵をボールマンと呼びますが、ボールマンだけが敵ではなく、敵チームで考えると、マークマンへのディフェンスもとても重要です。

 

理想的なディフェンスとは、ボールマンとマークマン、そしてリングがトライアングルになるように自分が立ち位置を確保できることです。

 

試合中にこのトライアングルができていると、ボールマンがパスをする際にもマークマンでのディフェンスが非常にしやすくなります。

 

そして、ディナイディフェンスにも磨きをかけるようにしましょう。

 

ディナイディフェンスとは、自分のマークマンがボールを持っていない状況で、ボールを持たせたくない時のディフェンスの方法です。

 

マークマンがゴール近くにいた場合、パスがくる可能性のある軌道を意識し、ゴールとマークマンの間でいつでもカットできる体勢でいる必要があります。

 

現在、が、ボールマンがドリブルシュートを一人でしない限り、必ずマークマンにボールをパスする可能性があります。

 

ですので、マークマンをディフェンスすることは、試合を展開していく上で非常に重要なことです。

 

ボール側に背中を向けた状態で、手のひらがパスの軌道になるように自分の体勢を整えます。

 

肩越しにボールマンを確認して、自分のマークマンの動きを感じ取りながら、いつパスが来てもいいようにしておくことが大切です。

 

常にボールマンとマークマンから目を離さないようにし、敵の動きを先読みしながらいつでも行動できるように集中力も必要になります。

 

試合を重なることや経験で予測もしやすくなってきますが、常に意識をした練習を積み重ねることがディフェンスの上達法です。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法