プレッシャーを与える方法

敵にプレッシャーをかける

敵にプレッシャーをかける

 

バスケットボールでは、敵にどれだけ上手にプレッシャーをかけられるかで、試合が有利に運ぶかが決まります。

 

ディフェンスの基本でもありますし、プレッシャーをかけるのが上手な方はディフェイスが上手ですし、かけられるようになった方は上達しているという判断材料にしても良いです。

 

では、どのようにプレッシャーをかけていくのが理想なのでしょうか。

 

プレッシャーをかけやすい場所は、コートの四隅になります。

 

試合中に敵が四隅に移動したら、プレッシャーを与え、上手くいけば妨害だけでなく、ボールを奪える可能性もあります。

 

また、敵をこちらから四隅に追い込む感じでディフェンスを行う場合もあります。

 

しかし、ウィークサイドに逃げられてしまうケースもありますので、注意が必要です。

 

逃げられないように、できるだけ敵との距離を縮めるか、2人組のディフェンスでプレッシャーをかけるようにすると良いでしょう。

 

敵との距離を縮めるには、やはり下半身の筋力強化も大切になってきます。

 

ディフェンスの近距離の練習と同時に下半身と腹筋背筋の筋力トレーニングを行ってください。

 

しかし、実際にディフェンスを行う時に、身体が緊張していて動きが硬くなってしまうこともありますので、リラックスできる体勢でいる練習も大切です。

 

また、上体が前傾しすぎていると、瞬時の動きができませんので、膝を曲げすぎず、大腿四頭筋ではなく、ハムストリングスや臀筋を使用する意識をしていくましょう。

 

筋力アップだけでなく、瞬発力を養う筋肉の神経の反応のトレーニングも必要不可欠ですので、練習に取り入れることをお勧めします。

 

近ければ近いほど、敵は取られる恐怖に駆られます。

 

よく腕1本分と言われていますので、常に意識しておくことが良いですね。

 

以上のことを理解した上で、明日からの練習に役立てて頂ければ幸いです。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法