リバウンドのジャンプ

リバウンドでジャンプする

リバウンドでジャンプする

 

バスケットボールでのリバウンドは、ゴール下で身体と肘を伸ばし、ボールが落ちてきたらジャンプして取ります。

 

敵を押すことよりもボールに集中しましょう。

 

ジャンプは全身を使って行いますので、敵を押してしまうと、ジャンプに集中できなくなり、ジャンプが低くなってしまいます。
そうすると、勿論ボールを奪える確率は低くなってしまいます。

 

ジャンプはとにかく身体を柔らかくしてしなやかに跳ぶことが大切です。

 

ジャンプは膝だけでなく、他の下半身も上半身も全身使います。

 

ですので、ジャンプ力に必要な全身の筋力をまんべんなくつけていくことが練習にも求められます。

 

そして、できる限り高く跳ぶために、膝を少し多く曲げて身体全体も低い体勢を取ります。

 

筋肉は一度縮んだ方がたくさんの距離、力を発揮することができるからです。

 

スクリーンの時は常に身体が敵と接触している状態なので、敵の体重を感じるところに身体を持っていき、身体全体で踏ん張り、背中で押します。

 

 

 

腰でも背中でも、自分が無理なく、最大でジャンプできる部位で行っていきましょう。

 

リバウンドはジャンプ力とタイミングが非常に大きなカギとなってきます。

 

誰よりも高く、速く、正確にジャンプすることが求められます。

 

ボールの軌道を予測して、リバウンドをかけるタイミングを習得することが重要です。

 

シュートの軌道を観察するとボールの動きが予測しやすくなりますので、よく観察して、敵よりも早くボールの落下地点に移動できるようにしましょう。

 

後は敵がシュートを打った際には、落ちる場所を予測して、スクリーンアウトして、ジャンプして、リバウンドを取ったら胸のところでキープします。

 

先を読んでジャンプすること、すぐに動くこと、奪う意識を常に持ちることでリバウンドのジャンプは成功します。

 

 


バスケットボールの上達法DVD シュートの上達法 パスとドリブルの上達法 ディフェンスの上達法